2016年1月アーカイブ

一人暮らしの費用を頭使い格安に

一人暮らしの費用は、実際にどれくらいかかるのか。スタートする時期としては、大学で県外に、もしくは就職で親元を離れるという人が多いはず。

そんな時はとにかく安く、必要最小限に、となるでしょう。

実際就職ん時は寮があった為、そちらを利用したけど、30歳を越えたら出ないとダメ決まりで、二度目の部屋探しを開始。

一人暮らしの費用は、ちょっと収入も増えた為、学生時よりは少し、わずかに、ほんのちょっと広めの部屋へ決定。

まず引越代、これは当時やっていたキャンペーンで、近距離ならば1万円代というやつを利用。一人暮らしの費用は、頭を使えば安く抑えられる。

積める荷物に限りがある為、入らないものは自分で運びます。ワンルームから1DKへ、お風呂とトイレは別というレベルアップを果たす。

家賃は6万くらい。必要な家電(冷蔵庫、洗濯機、掃除機、テレビ、電子レンジ、ガスコンロ)、家具はほとんど買い足しが必要無く、一人暮らしの費用は極小で済んだからラッキー。

スマートフォン 外部バッテリー、此奴を改造してぇ!「無理だろ」なんかさ、最近無理とか不可能という事多くね?あるドラマ名言を聞かせるぜ。

私に不可能と言うな!どうだ?「いや...元ネタ分からんし、普通な言葉過ぎ...」じゃあ、Boys、be ambitious!少年よ、大志を抱け!

「今度は有名過ぎじゃね...」注文が多い。地味か有名どっちかにせー。「ああ、すまんな...てか何の話してた?」スマートフォン 外部バッテリーを改造。

「うん、無理に弄る必要はないと思うぞ?」えー、何かしら手施したい。「そっか...ファイト」つか、手伝えよ。

「猛反対よ俺。なぜ強行の後、反対派をひき込む?」ライバルはなぁ、負ければ手を貸す、これ常識。

「救い難い男じゃ...。スマートフォン 外部バッテリー?自分で何とかせよ」そーゆわず、ほら一緒に仲良くしてきた親友じゃん。

「前も聴いたぜ...てかスマートフォン 外部バッテリーを、どう弄れと?」特にアイディアねーけど。「アイデアゼロかよ!つかえねー」